【倉敷旅行】岡山桃太郎空港から倉敷観光のモデルプラン

倉敷
Masahiro_Yoshizawa / Pixabay

記事の概要

倉敷に東京から観光に行きました。

僕の旅行ルートをご紹介します。

計画を立てる際の参考になればと思います。

対象読者

  • 倉敷に行く予定の人
  • 倉敷観光中で観光先を探している方
  • 倉敷旅行の計画を立てている人

10:50 羽田空港から岡山桃太郎空港へ移動

僕は朝が弱いので、午前少しゆっくりできる時間に出発しました。

12:40 岡山桃太郎空港に到着

12:10着予定でしたが、飛行機が30分遅延しました。

空港に着く直前は紅葉の季節だったので、飛行機の窓から見える景色が綺麗でした。

空の上から見る景色は一面山で、季節を感じられてよかったです!

12:50 岡山桃太郎空港から倉敷駅へ空港リムジンバスで移動

空港から倉敷駅へリムジンバスが運行してます。

倉敷駅は3番乗り場から乗れます!

【旅行/倉敷】岡山桃太郎空港から倉敷駅へのアクセスに詳細を記載しています。

13:35 倉敷駅に到着からとんかつ かっぱへ移動

岡山名物のデミグラスとんかつを食べたかったので、倉敷駅から「名代とんかつ かっぱ」へ移動しました。だいたい7~10分くらいで到着します。

荷物が多い方は倉敷駅を出る前に荷物をコインロッカーに預けることで楽に自由に観光できますよ。

おすすめ記事>>>JR倉敷駅のコインロッカーに荷物を預けて美観地区を手ぶらで観光しよう

13:45 名代とんかつ かっぱでとんかつを食す

5分くらい並んで、注文してから20分くらいでデミグラスとんかつにありつけました。

デミグラスとんかつ、かつは肉厚だし、デミグラスソースが濃厚でうますぎました。

デミグラスとんかつの詳しいレビューは【旅行/倉敷】美観地区に行く前におすすめ!デミグラスとんかつランチ 名代とんかつ かっぱに書いています。

滞在時間はだいたい50分くらいでした。

倉敷美観地区は歩いて5分くらいなので、美観地区に行く前に腹ごしらえしていくのによさそうですね。

14:40 倉敷美観地区へ移動

倉敷で一番行きたかった観光名所の倉敷美観地区に来ました。

美観地区は紅葉が綺麗だったし、倉敷の有名なお土産「むらすずめ」の手作り体験は楽しいし、写真は映えるし、いい観光スポットでした。

倉敷の有名なお土産「むらすずめ」の手作り体験は【旅行/倉敷】倉敷の有名なお土産「むらすずめ」の手作り体験ができるお店「橘香堂」に詳細は書いています。

倉敷美観地区を流れる川を舟に乗りながら倉敷美観地区を眺めることができます。

その舟は予約制だったので、1時間後の16:00に予約しました。

16:00まではひたすら写真とったり、食べ歩きしたりと楽しみながら待ちました。

16:00 舟から倉敷美観地区の観光

船頭さん(舟を漕いでくれる人)の倉敷美観地区に関する歴史とか場所の説明を受けられます。

舟から見る倉敷美観地区の景色はまた違って写真も映えます。

ゆったり舟に乗りながらの観光もまたいい思い出になりました。

レビューは【倉敷旅行】倉敷美観地区を流れる倉敷川を舟でゆったり周遊!違った景色と歴史が知れておすすめに書いています。

16:25 美観地区にある老舗の喫茶店「三宅商店」

美観地区にある老舗の喫茶店「三宅商店」で小休憩しました。

りんごのパフェのインパクトのある見た目に惹かれてしまい、りんごパフェを注文しました。

詳細なレビューは【倉敷旅行】倉敷美観地区にあるりんごパフェが美味しい喫茶店 三宅商店に書いています。

17:30 倉敷アイビースクエア

倉敷アイビースクエアにいく頃はあたりは暗くなってしまい、夜でした。

夜の景色、雰囲気がよく夜に来てよかったなあと思いました。

倉敷アイビースクエアについては【倉敷旅行】夜の観光もおすすめ!倉敷アイビースクエアに書いています。

18:00 マスキングテープ専門店

倉敷発祥のマスキングテープ。

なんとマスキングテープ専門店が倉敷美観地区にはありました。

お店に入ると見渡す限り、マスキングテープ。

マスキングテープが好きな人へのお土産にもなります。

マスキングテープ専門店「TANE」は【倉敷旅行】マスキングテープ発祥の地にあるマスキングテープ専門店@倉敷美観地区に書いています。

18:30 倉敷から尾道へ移動

この日宿泊するホテルが広島県の尾道だったので、電車で尾道に移動しました。

まとめ

東京午前出発で倉敷を1日満喫しました。

他にもいろいろ見たいところはありましたが、僕が倉敷でやりたかったことはやれました。

倉敷の旅行計画を立てる際に参考になれば幸いです。

コメント