【片付け】捨てても困らなかったもの10選

片付け

本記事では片付けで捨てても困らなかったもの10選をご紹介します。部屋をすっきりさせるために片付けを行いました。

片付けてすっきりした人<br>
片付けてすっきりした人

捨てるか悩んだけど、捨てても困らなかった!

むしろ、スッキリ!!

片付けをしていると途中でこれ捨てようか取っておこうか迷ってしまい、迷い疲れて片付けを断念してしまうことってありませんか?

僕はめちゃくちゃ悩んで片付けに挫折したことが何度かありました。

思い出の写真、書類、洋服など捨ててもいいか本当に迷う物ばかりです。

本記事ではそんな悩みまくった僕が思い切って捨てて困らなかったもの10選をご紹介します。今ではむしろ捨ててよかったと思っています。

本記事を読むことで捨てても困らないものが分かります。

捨てても困らないもの10選
  1. プリントされた写真
  2. 漫画
  3. バスマット
  4. CD
  5. 取扱説明書
  6. ぬいぐるみ・フィギュア
  7. 昔使っていたスマホ・携帯
  8. 小銭・外貨
  9. 様々な書類
  10. 何だかよく分からない部品

上記10選について詳細に説明していきます。

片付けはなんのためにする?

片付けは何のためにやるかを理解してやった方が片付けのモチベーションが上がります。

そこで、まずは片付けの目的についてご説明します。

みなさん片付けって何のためにしますか?

僕は以前まで以下のような漠然とした理由で片付けをやっていました。

  • 部屋をすっきりさせて快適に過ごしたい!
  • 片付いていないと気になる。

上の理由が悪いわけではありません。

今の僕の片付けをする目的は人生を最大化するために片付けをやっています。

人生を最大化するという目的の理由は毎日やりたいことが多く不要なものや探し物に時間を取られている時間はないと思ったからです。

実際、散らかっているモノや雑多に置かれたモノに目がいって集中力が途切れるなんてことはたくさんあります。

これはメンタリストDaigoさんの著書「人生を思い通りに操る 片づけの心理法則」で述べられていてとても共感しました。

気になる方は一度読んでみることをおすすめします。心理学を軸に片付けに関する秘訣からスケジュールの片付けまで様々な「片付け」について書かれています。

捨てて困らないもの10選

ここからは僕が実際に捨てて困らないもの10選を紹介していきます。

捨てても困らないようにして捨てる方法も合わせて紹介します。

基本的には捨てても困らないようにするための方法は以下です。

捨てても困らないようにする方法
  • 電子化する
  • 同じような機能を持つアイテムを持っている場合、どちらか一本にする
  • より便利な代用品がある場合は代用品に置き換える

プリントされた写真

子供の頃からどんどん増えてしまった思い出の詰まったプリントされた写真。

旅行先やディズニーランドで買った記念写真。

これらは本当に捨てられませんでした。思い出詰まってるし、捨てるともう見れない!という気持ちからです。

でも本当に場所をとるんですよね。しかも、見るとしても多くて年に1回。さらに、スマホの写真と違って家にいないと見れないというデメリットもある。

では、どうやって捨てる判断ができたかというと全て電子化しました。

プリントされた写真をスキャナーでスキャンして、Googleフォトにアップロードすることでいつでもどこでも写真を閲覧できる状態にしました。

電子化することで写真は劣化しないし、場所とらないし、いつでも見れるようになったしで大満足です。

こうなるともうプリントされた写真を持っている理由もなくなったので、ちょっと心が痛みましたが、プリントされた写真は全て捨てました。

スキャナがない人はスマホのカメラでパシャっと撮影でも問題ないと思います。今時のスマホはかなり画質が高いので、十分です。

漫画

漫画は捨てるか売っても全く困りません。

捨てても大丈夫と言っても全然捨てられなかった僕です。

捨てられなかった理由
  • いつかもう一回読むかも
  • 友達に貸すかも

捨てられない理由の〜かもは漫画だけでなくどのモノでも基本来なかったです。

漫画は高校生の時までは何度も読んだことがあります。

しかし、社会人になってから一回読んだらもう一回読むことはありませんでした。

好きな漫画はスキャン代行業者を使って電子化しました。

そんなに面白くなかったなーっていう漫画はメルカリ、ラクマなどのフリマアプリか古本屋に持って行って売りました。

漫画自体が痛んでいて売れないなって本は思い切って捨てました。

捨てられない!売れない!もう一回読むかも!と思う人は電子化が鍵です。

漫画の電子化自分でやればお金はかかりませんが、膨大に時間がかかります。

僕は人生を最大化するという目的から時間がもったいないので、お金をかけて電子化することをお勧めします。

電子化するのにお金をかけるのはもったいない!と思う人は、漫画を置く場所=家賃がかかるということを考えてみてください。

置く場所が必要ということは漫画を置くためだけにそのスペースが必要でその分広めの家に住むことになり、家賃が多めにかかります。

家賃は定期的にかかりますが、電子化するお金は一回だけでいいです。

結局は電子化する方がお得になります。

バスマット

バスマットは珪藻土バスマットに置き換えることで捨てても困らなくなります。

僕

それじゃ置き換えただけで、物量は変わってなくね?

バスマットを1枚しか持っていない場合はその通りです。

バスマットを複数持っている場合は、物量が減ります。

また、珪藻土バスマットに置き換える最大のメリットは洗濯をする必要がないということです。

洗濯の時間をもっと大事なことに使えるので、片付けの目的の人生を最大化するに沿っています。

増える時間はわずかかもしれませんが、積み重ねると多くの時間になります。

僕が実際に使っている珪藻土バスマットです。おしゃれだし、すぐ乾くし満足してます。

CD

CDは今時パソコンに取り込んだらもう二度と聞かないなんてことざらにあります。

しかも今はAmazon Prime MusicやYoutube music、Spotifyなど様々な音楽サービスがあるので、CDを使う機会が本当に少ないです。

使う機会が少ない割にCDは場所をとります。

詳細は以下の記事書いているので、よかったら読んでみてください。

ということでCDも同じく電子化のためパソコンに取り込んだら、フリマアプリで売るかリサイクルショップに持っていきます。

フリマアプリやリサイクルショップに持っていくのがめんどくさい人は捨ててもいいと思います。

一個注意点としてはCDを出しているアーティストやアイドルがめちゃくちゃ好きでCDを見ているだけで癒されるとかモチベーションが上がる場合は捨てない方が人生最大化されそうので捨てるべきではないです。

取扱説明書

家電などの取扱説明書も基本見ない割に場所を取ります。

取扱説明書はPDFファイルとしてインターネットに転がっていることが多いので、わざわざ電子化する必要がないです。(Googleで「製品型名 + 取扱説明書」で検索すると出てきます。)

電子化する手間がないので、捨てるハードルも低いです。

PDFファイルで取扱説明書をダウンロードしておき、GoogleドライブやDropBoxなんかに入れておけば検索も簡単です。

下手に家のどこかに埋もれているよりよっぽど早く探すことができ時間も場所も節約することができます。

しかも電子であれば、劣化してボロボロになることもありません。

使用頻度が高いうちは残しておいても全然いいと思います。

保証書と取扱説明書が同じになっている場合かつ保証期間が残っている場合は取っておいてもいいかなと思います。

ぬいぐるみ・フィギュア

stevepb / Pixabay

ぬいぐるみやフィギュアは自分のために使用することができない上、場所をとるだけで僕には何のメリットもありませんでした。

ぬいぐるみやフィギュアを見ているだけで癒される、幸せという人は家に置いても問題ないと思います。

しかし、僕の場合はそのようなことはなく、メリットがなかったので、フリマで売ったり、リサイクルショップに持っていくことにしました。

汚れて売り物にならないなと思ったものはかわいそうだけど捨てました。

詳細は以下の記事で書いています。

昔使っていたスマホ・携帯

昔使っていたスマホや携帯も引き出しに眠っているだけで一切役に立っていませんでした。

昔使っていただけにかなり思い入れがあって捨てるのにかなり躊躇するものです。

スマホや携帯も大事な写真などのデータを退避、初期化してフリマアプリで売りました。

古いガラケーでも意外にも高く売れるので、試しに出品してみることをおすすめします。

フリマアプリでガラケーは3000円、Andoroidのスマホは2000円くらいで売れました。まさかのガラケーの方が高く売れるという現象が起きました。

このお金で少しでも美味しいもの食べたりすれば部屋は片付くし、美味しものを食べれるので人生楽しくなりますね!

小銭・外貨

nattanan23 / Pixabay

小銭と外貨はさすがに捨てるわけではありません。

ポケットチェンジというサービスで日本円の小銭と外貨がSuica、PASMO、楽天Edyなどの電子マネーにチャージできるようです。

昔貯金しようと思って小銭(日本円)がたくさんありました。

鉄道会社の券売機ではチャージできない1円や5円でもチャージできちゃいます。

また、海外旅行が好きなので、海外にたまに旅行に行きます。

空港の窓口では海外通貨のコインは日本円に変えられないので、どうしても外貨が家に置いておく状態になっていました。

外貨は次行った時にでもと思うのですが、同じ国は一回行ったことがあるという心理が働いて中々二度目行く機会がありません。

そうなると持っていても使われないお金にしかなりません。

こういう経緯で部屋に小銭と外貨がたくさんあります。意外と場所とってます。。。

そこでポケットチェンジを利用して電子マネーにしちゃえば無駄にはなりません。空港だけでなく東京駅、イオンなど様々な場所にあるようです。

しかし、まだ対応してない外貨もあるようなので、注意が必要です。

対応してない場合は寄付が選べるようなので、家に置いてスペースを取るくらいなら寄付することをお勧めします。

様々な書類

書類は膨大にありましたので、片付けに苦労しました。

書類にもいろいろな種類があります。

  1. 資格などの証明書
  2. 公共料金の利用明細
  3. 過去のイベントなどの案内
  4. 証券口座の初期ID・パスワード

1.についてはさすがに捨てられません。

2.は家計簿に自動で連携しているので、完全に不要です。なので、写真を撮る、スキャンなどはせずに捨てています。これで困ったことはありません。

3.過去のイベントなどの案内はイベントが過ぎれば取っておく必要はありません。

これは残しておきたいなと思ったものは写真かスキャンしてGoogleドライブにアップロードしています。

4.証券口座の初期ID・パスワードは利用しない人は分からないかもしれません。

証券口座を開設すると証券口座に最初にログインするためのIDとパスワードが郵送で送られてきます。

それを用いて証券口座にログインし、初期パスワードを自分の指定のパスワードを変更します。

もうすでにパスワードは変更しているので、不要な情報です。

しかし、書類に大事に保管くださいと明記されているので、不安になりスキャンして捨てました。

何だかよく分からない部品

これ何言ってるかよく分からないと思いますが、家具を購入し家で組み立てると部品が余ることがあります。

それをいつか使うだろうと思って引き出しにしまっておいたみたいなのですが、正直何の部品なのか分かりません。。。

部屋にある家具を一通り見渡してみたのですが、その部品が使えそうな家具はありませんでした。

今日まで使うことがない上、使い道が分からないものは捨てても問題なさそうですね。

これは特に代用品や電子化などの対策はせずに普通に捨てました。

捨てても困らなかったもの10選まとめ

捨てても困らなかったもの10選についてまとめます。

まず片付けの目的は人生を最大化するためです。片付けを行って人生を楽しみましょう。

基本的には捨てても困らないようにするための方法は以下です。

捨てても困らないようにする方法
  • 電子化する
  • 同じような機能を持つアイテムを持っている場合、どちらか一本にする
  • より便利な代用品がある場合は代用品に置き換える

捨てても困らなかったもの10選は以下の通りです。

捨てても困らないもの10選
  1. プリントされた写真
  2. 漫画
  3. バスマット
  4. CD
  5. 取扱説明書
  6. ぬいぐるみ・フィギュア
  7. 昔使っていたスマホ・携帯
  8. 小銭・外貨
  9. 様々な書類
  10. 何だかよく分からない部品

コメント