【映画】名作童話を壮大なスケールで描いて実写化した「ジャックと天空の巨人」

映画レビュー
Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

記事の概要

土曜プレミアムでたまたま「ジャックと天空の巨人」が放送されていたのを見たのでご紹介します。

対象読者

  • 名作童話「ジャックと豆の木」を映画化した作品を見たい方
  • イギリスに行く予定のある方

ジャックと天空の巨人との出会い

「ジャックと天空の巨人」を見たのは初めてではありません。

思い出の映画なのでつい見てしまいました。

「ジャックと天空の巨人」を初めて見たのは初めての海外旅行先であるイギリスに行く飛行機の中でした。

初めての海外でわくわくしながら飛行機に乗っていました。

そんな中面白そうだと思って見た映画でした。

なんと見てみると舞台はイギリスでした。

舞台がイギリスであることがわかったのは、物語のエピローグの部分でした。

エピローグでは、物語で登場する王冠がロンドンタワー(ロンドン塔)に展示されている箇所で最後にカメラがズームアウトしていくとロンドンタワーが現れ現在のロンドンの都市部が映し出されます。

今からこんなに綺麗なところに行けるんだと思うとさらにわくわくさせてくれた映画でした。

以上のような経緯があり、僕にとってはとても思い出深い映画なのです。

なので、イギリスに行く予定のある方でロンドンタワーに興味のある方はぜひおすすめです!

ジャックと豆の木を実写化した親しみのある物語

フィーファイフォーファン空から巨人が降りてくる!と始まるこの映画は名作童話「ジャックと豆の木」を元に巨人対人間の戦いを描くスケールもでかい映画です。

ラブストーリーでもあり、アドベンチャーでわくわくさせてくれる映画で男性が見ても女性が見ても楽しめる映画なのではないかと思います。

ジャックと豆の木は子供の頃に一度は聞いたことのある物語ではないかと思います。

親しみがある話からなのか物語の内容が頭に入って来やすく、話の内容も分かりやすいです。

まとめ

親しみのある名作童話「ジャックと豆の木」を元に作成した壮大なスケールで描かれたジャックと天空の巨人をご紹介しました。

面白そうだ!と思った方は是非ご覧になってください!

コメント